2016年9月26日

【iPhone】Androidユーザーだった僕がiPhone7を買った話【Android比較レビュー】



すごい久しぶりのブログ更新はタイトルのとおりです。

世間にスマホというものが登場してからというもの、ずっとAndroidを使い続けて5年程度。今回始めてiPhoneを購入するに至りました。
今回は、手に馴染んだOSを乗り換えるに至った経緯、乗り換えた結果の使い勝手の違いなどをつらつら書きとどめておくことにします。


使い始めて1週間、ずっとAndroidばかりだったとはいえそれほど苦もせず移行できたのは、iPadでiOSの操作方法は一通り知っていたからでしょう。

まず、僕のスマートフォン経歴を列挙しておきます。

GalaxySII
XperiaA
XperiaZ3Compact

最初GalaxySIIにしたのは、スマホ黎明期でXperiaのスペックがイマイチだったからです。CPU性能など以外では防水だったりしてXperiaに軍配が上がっていたのですが…

とりま、スペック的に安定してきた頃になってXperiaAに乗り換えました。そこからは安定のXperiaシリーズって感じになっていますが、近年はだんだん大型になっていく傾向。片手で操作したい勢としては5インチ台のスマホはもはやスマホでは無いと思っている次第です。

…と、スマホにはそれなりにこだわりを持っているわけです。
大体2年を目処に乗り換えているわけですが、毎回選ぶ基準というのは同じような気もします。

→基本スペックが悪くないか
CPUが遅くないか、メモリ容量は少なくないか、モバイル通信帯域…など。ストレージはあまり重視してません。
最近のスマホはクアッドコアが主流なので、ここらへんはあまり気にし過ぎないようにしています。

→液晶サイズが5インチより大きくないか
上に書いたとおりです。大きすぎるとポケットに入れづらかったり操作しづらかったり、良いことがないとおもいます。大きな画面が欲しかったらタブレットを買えば良いんです。
黎明期は4.5インチを基準にしていましたが、最近は縁が狭くなって大きい画面でも端末自体はそれほど大きくならないことが多くなったので、5インチに変更しました。

→防水・防塵の処置はしてあるか
御存知の通り僕は山によく行くので、防水・防塵はほしいところです。
とはいえXperiaAは雨の下山時に雨衣のポケットが水たまりになったことによる水没でお亡くなりになっている経緯があります。防水はあくまで最低限の保存データを守るための処置…程度に。まぁ無いより有ったほうが良い。と言ったところです。

→おサイフケータイに対応しているか
モバイルSuicaはガラケー時代から愛用しています。常に持ち歩いている携帯電話をかざすだけで交通機関が利用できる手軽さはもはや手放せない機能です。

上記4点を満たす端末を選んでおり、たまたまそれがAndroid搭載端末だったってだけのことです。
今回のiPhone7で、ようやく防水・防塵とFeliCaに対応したので、乗り換える条件が揃いました。

今回購入したiPhone7(左)とXperiaZ3Compact(右)

そして、1週間使って見てわかった、便利なところ不便なところは以下のとおりです。



項目 XperiaZ3
Compact
iPhone7
処理速度
端末熱くなることもあり

速い。熱くならない
可搬性
スマホならこんなもんかな

ちょっと出しづらいな…
操作性
まぁ5年のキャリアあるしね

暫く使ってれば慣れるかな…
通信
自宅WiFiで200Mbps出せた

特にレスポンスが速い
GPS
たまに拾わないので遭難する

スムーズに拾うので遭難しない
データ移行
アカウント移行後に各種設定…

アカウント移行すればOK感ある
おサイフ
Suica、Edy…便利だなぁ
-
ApplePayはよ
アプリ数
iOS版のみ、未だに多いよね

審査が通らないのはAndroid版だけってのも多い
ブラウザ
Chromeの親和性が高杉て困る

Safari嫌いだからChrome使ってるけど…
IME
Google日本語入力最強説

ことえり慣れないなー…
Twitterクライアント
Twiccaに慣れすぎて辛い

featherそこそこ使いやすいが…さて
DLNAクライアント
この自由度はAndroidならではかな

アプリ間の連携が苦手なiOS

こんな感じですね。

全般的な感想としては、iPhoneはハードウェアに強い。Android端末はソフトウェアに強い。といったところですね。

まぁ、今更ではあるかもしれないですが、上記表が誰かしらの参考になれば…と、思いたい…なるのだろうか…なったらいいなぁ…

今のところ、iPhoneはクソだっていうところはないのでひとまず2年間は使い続けようと思います。その後はどちらに転ぶかはその時に考えましょう。